050-3568-2789 24時間365日受付中

債権回収を弁護士に依頼するメリット

  1. 弁護士坂東大士 会社の経営相談 >
  2. 企業法務に関する記事一覧 >
  3. 債権回収を弁護士に依頼するメリット

債権回収を弁護士に依頼するメリット

債権回収を専門家に依頼する場合、まず思いつくのが法律の専門家である弁護士です。

法律の専門家が債権回収を行うとなると、債務者の側からすれば非常に大きな心理的プレッシャーを受けることになります。
また、煩雑で時間がかかる裁判手続きに関しても、すべて一任することができるため、債権者にとって非常に頼りになる存在です。

他にも、債権回収を行う専門家としてサービサーの存在が挙げられます。

サービサーとは、債権者に代わって債権回収を行う専門業者のことです。
不良債権処理を促進するために平成10年に「債権管理回収業に関する特別措置法」が制定されたことをきっかけに、法務大臣の許可を受けた業者が債権管理と回収業務を行うことが可能となりました。

しかし、サービサーは金融機関や貸金業者が保有する貸付債権などの特定金銭債権しか取り扱うことができません。つまり、売掛金の回収などは依頼できないのです。
サービサーは特定金銭債権以外も承認を受ければ一部取り扱うことができますが、支払案内の送付と言った、法律業務に当たらない範囲でしか活動することができません。

弁護士に依頼した場合には、債権の金額に制限なく、すべての法律上の手続きを一任することができます。

こうした様々な情報を考慮した上で、専門家への依頼を行うことが重要です。

大阪市東部(東成区・生野区)などを中心に、皆様からのご相談を承っております。
債権回収の依頼をお考えの際は、お気軽にご相談ください。
ご相談者さまに寄り添い、最適な法律サービスをご提供いたします。

会社の経営相談が提供する基礎知識と事例

会社の経営相談が提供する基礎知識と事例

  • 残業代

    残業代

    従業員が勤務時間外に働いている場合には、会社は労働基準法で定められている時間外労働手当を従業員に支払わ...

  • 風評被害対策

    風評被害対策

    風評被害とは、間違った情報や意図的なデマだけでなく、根拠のない不確かな噂や曖昧な情報をきっかけに生じる...

  • 電子契約・電子署名

    電子契約・電子署名

    クラウドサービスを利用した電子契約の方法で、契約を結ぶことが増えてきています。電子契約とは、契約を結ぶ...

  • 契約書作成・チェック

    契約書作成・チェック

    業務委託契約書、秘密保持契約書、利用規約、定型約款、事業譲渡契約書、サブリース契約書などの契約書の作成...

  • 法人成りの相談を弁護士にするメリット

    法人成りの相談を弁護士...

    法人成りの相談を弁護士にするメリットは、法人成りが本当にその事業のためになるかを判断することができる点...

  • 人事労務管理

    人事労務管理

    人事労務管理とは、採用・研修・人員配置・評価制度の構築などを行う「人事」と、勤怠管理・就業規則制定・福...

  • 保全・強制執行

    保全・強制執行

    保全とは、債務者の財産をあらかじめ確保する手続です。 裁判手続で債権を回収する場合、まず、訴訟を提起...

  • 企業間トラブル

    企業間トラブル

    今日、大手と言われる企業のほとんど、また中堅と呼ばれる多くの企業では、企業法務関連のセクション(法務部...

  • 企業間トラブルにおける弁護士の役割

    企業間トラブルにおける...

    企業間トラブルが生じそうな場合に、その予防に役立つのが契約書です。契約書を作成する段階で、1つ1つの条...

よく検索されるキーワード

ページトップへ